自転車

【レビュー】コンフィまたしてもパンク!もうパセラに変えます!!

通勤用のクロスバイク、またしてもパンクしました。パナレーサーのグラベルキング(28c)からお値段お手頃な同ブランドのコンフィ(32c)に2021年の夏に変更してから1年も経たずして2回目のパンク。。。萎えますね。パンクに関しては運もあるのでなんとも言えないところがありますが、負の連鎖を断ち切るべく、今回はタイヤを変更してみました。のと新タイヤのインプレッションでございます。

パンクは突然に

発生しますよね。今回の教訓を忘れない為に記録として残しておこうと思います。

それは2022年2月のとある日の出来事w仕事で疲れたワタシは地元の駅に到着し自転車を取りに駐輪場に向かいました。疲れてる身体に冷たい真冬の風、、、寒いなと思いつつ、いつものようにマイバイクのシェファードで家路に向かいます。
駐輪場を出て車道の端を走行してると、

「チッ、、、、チッ、、、、、チッ、、、、」

後輪からなんか変な音がしてきました。
その時は「ん、何だろう?」と思ったのですが、どうせ小石がタイヤにくっついちゃったんだろうとその時は面倒に思い、走ってれば勝手に取れるだろって感じで走り続けました。
しかしながら、暫くするとなんかペダルが重くなってきました。スピードもいつもよりでない、、、そして段差を乗り越えた時、

「ぐにゅぅ〜」

うわぁ、やっちまった。時すでに遅しです。。。
すぐさま止まってリヤタイヤを確認!そこには小石ではなくホッチキスの芯のような細く短い針金がタイヤにくっついてました。そして、良く見るとその先端がタイヤに刺さってる。。。最悪ですね。針金を外すと「シュー」と空気が漏れる音が聞こえます。もう最悪。刺さった針金の写真を撮っておけばよかったんですが、当時パンクしたことでかなりっショックを受けていた為に忘れてしまいました。辛うじて停車した場所から家まで約1キロ程のところでしたので、自転車を押して帰りました。
今までの経験上、走行中に異音(チッ、チッという音)がなってる時は小石がタイヤにくっついちゃってることがあった&パンクしたことがなかったので、事の事態を甘くみていました。

家に帰ってタイヤ交換

タイヤを外して確認すると、チューブは穴が空いた形跡が見られましたが、タイヤ自体は犯人が細い針金ということもあり、場所を特定することができませんでした。チューブは補修、タイヤもほぼ無傷のような感じだったので使い回すか、、、と頭をよぎりましたが、また何かあったら嫌なので、タイヤとチューブをリフレッシュすることにしました。通勤用の自転車なのでこれが原因で何かあったらやですからね。安心感が重要です。気分的にベストの状態にしときたいです。

↑しっかり穴を確認することができました。


幸い当時はまだ夕方で自転車店はやってる時間なので、上手く行けば明日の出勤までにタイヤ交換できる!ということで、近所のイオンバイクとサイクルベースアサヒへgo!
イオンバイクは残念なことにチューブが在庫切れでした。。。タイヤはCSTのブランドの32cが3千円弱で売ってましたが、うーん、高い、、、
いや、、、高くないですよ。スポーツバイクのタイヤでは。ただ、通勤用は個人的に出来るだけコストをかけずにタイヤ交換したいのです。

実はAmazonで32cのサイズ、有名メーカーで探したところタイヤのパナレーサーのコンフィとパセラが2,200円で売ってるのを確認してました。
3千円かけるなら、1日まてば届くAmazonで買う方を私は選びます。チューブ代も1,000円ほどしますしね。
ということで、イオンバイクは諦めてアサヒへ行くことに。チューブは無事に発見。タイヤはパナレーサーのパセラ(32c)がありましたが、定価販売とのこと。定価ならネットで買うか、ということでチューブだけ購入して帰りました。
ちなみに、チューブはAmazonとかで買う方が高かったので、アサヒで購入しました。
タイヤは出来るだけコストをかけず、且つ信頼できるメーカーということでパナレーサーのパセラ(32c)にしました。またコンフィということも考えたのですが、もう2回もパンクしてるので通勤で使うのには少々不安があるので銘柄変更としました。
翌日は自転車通勤を諦めバスで通勤しました。
仕事が終わり家に帰ると無事にタイヤが届いていたので、早速タイヤ交換です。
パセラはワイヤービートの仕様でコンフィのように折りたためないので、タイヤの輪っかの状態で届きました。丁寧にプチプチで梱包されてますね。梱包を取り外したタイヤの状態を見ると綺麗ですね。新品だから当たり前か!?なんかAmazonでタイヤを買うと、製造からあまり期間が経ってないような感じに見えるのが多い気がします。以前にシュワルベのコジャックを2本買った時も明らかにゴムの柔らかさを感じました。verge N8に最初からついてたコジャックよりも柔らかさとツヤがありました。まぁ、値段も安いし、レビューも多いので商品の回転が早いんですかねぇ。

↑きちんと梱包されてましたよ。

パセラはコンフィと違ってパターンがあるタイヤですね。パターンを見ると左右の柄は対象ですが、前後にかけては少し違いますね。ってことはタイヤの取り付け向きがあるのでは?と思いタイヤのサイドをぐるりと一周見ると、ありました。矢印の向き→が。しかし、見づらいです。カラーがブラックのタイヤにうっすら見える感じなのでよく見ないとわかりませんでした。
あとこのタイヤ、説明書がついてるんですがタイヤの取り付け方向については記載がありませんでした。気をつけないと。
ちなみに向きはトレッドの細くなってる方が進行方向を向くように取り付けます。もっとわかりやすくいうなら、タイヤの片側にカラーでロゴがあるのですが、このロゴがスプロケット側(チェーンがある側に向けてタイヤを取り付ければ間違いはなくなると思います。

↑うっすら矢印が。。。見逃すところでした。
↑黄色いロゴをスプロケット側にもってくれば間違いありません!

さて、取り付けに入りますが、このタイヤ、めちゃくちゃ硬いですね。コンフィの時はタイヤレバーを使わなくとも素手で楽々装着できてたのにこいつは途中まではなんとか嵌るけど、最後の20センチ位が硬すぎて嵌りません。。。
仕方なくタイヤレバーを使います。チューブを噛まないようにそーっとレバーを突っ込みテコの原理でリムに嵌め込みます。そして空気を入れて完成!最近良くタイヤ交換してるせいか、慣れたもんですよ。時間にしても10分もあればできますね。新品タイヤいいですね。綺麗なブラックです。基本スリックタイヤしか履かないんですが、久々のパターン付きです。

パセラには2種類あった!?

買ってからこの記事を書いてる最中に気づいたんですが、パセラって

・パセラ(ノーマル)
・パセラブラックス

の2種類あるんですね。
パセラの公式重量を見ようとパナレーサーのHPを見てたら2種類あるこがわかりました。違いは

・ノーマルのパセラ
 →トレッドは黒でサイドがスキンカラー

  (薄茶色!?になってる)

・パセラブラックス
 →トレッドもサイドも黒色
  ノーマルのパセラよりも対パンク性能が良い
  重量が重い(ノーマル390gに対し630g…)

 

くらいですかね。両者共に価格は同じです。
自分のタイヤを見るとオール真っ黒、ってことはパセラブラックスを買ったっぽいです。キチンと下調べしないでポチってしまったけど、通勤用なので対パンク性能が上がってるので結果オーライですね。てかその代償としても重量重くなりすぎじゃない!?という感想も同時に抱きました。。。倍近いじゃんw

つけてみた感じ

コンフィと比較すると、パセラの方が頑丈そうに見えます。触ってみた感じタイヤ自体も少し肉厚なのかな、といった感想を持ちました。ちなみにコンフィとパセラは定価、販売価格はほとんど同じです。

コンフィはどちらかというと「軽快さ」を売りにしたタイヤの一方パセラは通勤、通学からオールラウンドに使えるスタンダードタイヤという位置付けのようです。両者の特徴は

コンフィ
重 量→310g(公称値)
ビート→ケブラービート
空気圧→MAX650kpa
価 格→2,620円(税抜)

パセラブラックス
重 量→630g
ビード→ワイヤービート
空気圧→MAX665kpa
価 格→2,686円

といった感じ。並べてみるとパセラブラックスってコンフィ2本分の重さやん( ・∇・)
ちなみにタイヤ自体の見た目はコンフィの方がスポーティーなスリックで、折り畳まれ箱に入って売ってます。対してパセラブラックスはワイヤービード故に折り畳みが出来ないのでタイヤそのままの形状でプチプチでの緩衝材に包まれてるだけです。
一般的に折り畳みが出来るケブラービードのタイヤの方がコストが掛かってるイメージがあるんですが、両者共に価格は拮抗してます。ってことはパセラの方がコストが掛かってるってことですかね。タイヤもパンク性能を上げてますし(これは自分の妄想です)

↑コンフィは立派な箱に入っております。

とりあえず、タイヤ交換が終わったので、問題なく走るか試走でございます。空気圧は前後共に5barで設定しました。
走り出した瞬間、

重っ!?こんな鈍かったっけ??

これが瞬間的な感想です。
駆動輪である後輪のタイヤを変えてるので、意外に違いを感じ取れました。まぁ、上記のスペックをみても重量が倍近く重くなってるのにコンフィよりも軽快になるわきゃないですが。その上、トレッドもスリックからパターンのついてるものに変わってますし、重く感じる要素満載です。
ちなみにこれらはあくまで自分の感想なので人によっては軽快に感じる可能性もありますので、その辺りはご注意ください。
それから1週間ほど通勤で使いましたが、正直慣れましたね。何も感じ取れなくなりました。人間、慣れる生き物ですw
実際のところ、通勤用のタイヤで軽快さは求めてないですし、軽快さを求めてパンクのリスクを増やしたくない(コンフィの経験上)ので、これでよしとします。通勤用は確実に目的に無事に着くことが最優先事項でございます。

教訓

いつもと何かが違うことがあれば、必ずチェックということですね。疲れや今までの経験わ盾に横着してしまった結果がパンクとなってかえってきました。当たり前ですね。結局後悔しますので、皆様におかれましてはワタクシのようにはならないよう十分お気をつけください(_ _)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA