【レビュー】シュアラスター「LOOPスムースショット」を入れてみたら車の反応がとてもよくなりました!

こんにちは、チョイ乗りキングことよしまるです。

本日はガソリン添加剤ネタでございます。

ではどうぞ!

よしまるの車について

よしまる家の愛車はスバルのレヴォーグ(初代)でして、購入してからかれこれ3年半が経ちました。
調子はいたって快調です。
特に不具合もなく過ごせております。

車の用途としては、子供達の幼稚園の送迎や近所への買い物だったり、レジャーに使ったりと極々一般的な感じなのですが、よしまる家の使い方はほぼ短距離走行がメインとなってます。

しかも一回あたりの走行距離が5キロ未満、下手したらエンジンかけて5分くらいで停止。

そうです!キングオブチョイ乗りなのです。

普段なら年に何回か妻の実家に帰省(関西)しており、長距離を走ることもあるんですが、昨年からのコロナの影響で全然走れておりません。

何が問題なのか、そうです、車にとって短距離・短時間のチョイ乗りはヒジョーに悪い。所謂「シビアコンディションと言われております。

具体的シビアコンディションとは

悪路走行(雪道、砂利等)が多い
過走行(年間2万キロ以上が目安)
短距離が多い(1回8キロ未満)
ストップ&ゴーが多い
山道、登坂路等が多い
低速での走行が多い

等々とされております。

よしまる家は④と⑤がもろに該当してますね。

これらシビアコンディションに該当すると、エンジンオイルや各種部品の劣化が早まったりします。
当然エンジンにも悪影響があります。

エンジンは外から入った空気とガソリンで燃焼して動いています。
エンジンをかけた時の冷えている状態だと燃焼が安定しない為、通常よりガソリンを多く使います。また発進時等パワーが必要な時もガソリンを多く使うのです。
このようにガソリンを多く使った結果、不完全燃焼により燃えカス(カーボン)がエンジン内に堆積されていきます。

一回の走行距離が多いとエンジン内も適正温度になり、中に溜まったカーボンも焼ききって問題ないのですが、ストップ&ゴーや短距離走行が多いとこれが除去されず、エンジンの不調や故障といったトラブルの原因となります。

とは言ってもそうそうエンジンなんてそう簡単に壊れるもんじゃないですけどね。
根拠はよしまるの父は短距離走行の繰り返しで14年程車を乗ってましたが特に不調はありませんでした。

単に運が良かったのかもしれませんが、個人的にシビアコンディションだと精神的によろしくないです。

添加剤とは

今回注入する添加剤は

シュアラスター「LOOPスムースショット」です。

この添加剤の特徴は

PEAとPIBAのダブル洗浄でエンジン内をしっかりクリーンナップ
洗浄成分高純度PEAとPIBAをダブル配合。
燃焼室、インジェクター、吸気バルブに付着した汚れを除去し、完全燃焼を促進することにより燃焼効率が高まりスムーズなアクセルレスポンスを回復します。
燃費悪化やアイドリング不調の原因となる汚れを除去し、ハードなカーボン&スラッジまでも除去。
エンジンコンディションを最適な状態に戻します。

シュアラスターHPより

とのことです。

要はエンジンの中の汚れ(カーボンやスラッジ等)を除去してくれるというものです。

超シビアコンディションでエンジンが汚れてると思われるよしまる家のレヴォーグにはピッタリですね。

ぶっちゃけ本当にエンジンが汚れてるかは分解しなきゃわからないんですが、やらないよりはやった方が精神衛生上良いと判断しました。

ネットで色々調べてると自動車評論家もやった方が良いって言ってますしね。

何でこの商品にしたかというと、最初はワコーズの「フェールワン」というこの界隈じゃ超有名な商品にしようとしてました。

が、ネットやYouTubeで調べてると、最近このシュアラスターの商品が人気が出てるとのこと、色々な検証動画もあり、ものは試してみるかという流れになりました( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

因みに価格もAmazonで約1,000円程でリーズナブル!というのも決め手になりました。

姉妹品にLOOPパワーショットといものあるのですが、こちらは洗浄+馬力などのパワーアップが見込めるらしいです。

私はパワーは求めてないのでスムースショットでいきます!

いざ注入!!

では早速使ってみることにします!

使い方は説明書きによると

エンジンを止めて、ガソリン給油口から注入し、ガソリンを満タンにする。

これだけです。簡単ですね!

注意としては一本当たりガソリン40リットル以上に対しての量となっているので、少ないガソリン量に対して一本使うと何かしら不具合おこすかもしれないので気をつけましょう。

一本入れるならガソリン満タンですね!

あ、ふと思ったんですが軽自動車は満タン40リッター以上ないですね。
その時はシュアラスターのホームページに適量が書いてあるのでご参考下さいな( ・∇・)

では実際に入れてみます!

あとはガソリンを入れてお終い^ ^

実際にエンジンをかけて走った感想ですが、

体感でわかりました:(;゙゚’ω゚’):

アイドリングが静かになったかは正直わからなかったのですが、走り出した時のアクセルレスポンスが明らかに違います。

普段発進の時はアクセル踏んでも2,000回転ちょいしかエンジンが回らないんですが、いつもと同じように踏むとグワっと2,500〜3,000回転くらい回ります。

流石に同乗してた妻からも、

なんか車が軽くなった気がする

とのこと。
ぶっちゃけ入れて直ぐには体感できないだろうと思ってましたが、意外な結果です。
まぁ、プラシーボ効果もあると思うので、本当に変わったのかは正確にはわかりません。あくまで体感上はということです。

ちなみに燃費は変わらずです。添加剤入れたところでチョイ乗りじゃあ良くなるわけもないですわな( ;∀;)

まとめ

今回はガソリン添加剤を試してみました。
メーカーホームページによると、エンジンを一気に洗浄したい場合は、2回連続で使うと良いみたいです。
(いずれもガソリンを給油口するタイミングです)

その後は30,00〜5,000キロ毎を目安にエンジンの調子をみながら使っていくようです。

自分の場合は大体半年に一回くらいですかね。
これだけ体感上変わるのと一回あたり千円程度の値段、精神衛生上のことも考えるとコスパは良いと思いました。

暫くはこれを使っていく予定であります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA